• スポット基本情報
清光寺

清光寺

  • 清光寺のご紹介
    清光寺は、源平双方から頼りにされた中世の豪族・豊島清元(清光)の開基で、 一人娘が逝去したときに冥福を祈り、領地の一隅に建立したと言われています。
    豊島氏の持っていた領地は広く、上中里の平塚神社も かつて豊島氏の館があった場所です。
    豊島氏は平安時代後期以降に成立した武士団で、本来は秩父盆地を本拠とする桓武平氏の一族です。 ま
    た、豊島氏は紀伊国や熊野三山との師檀関係を受け入れ、中央文化を積極的にとりいれたことから 田楽などの民俗芸能が伝わり、王子田楽として現在も演じられています。
    しかし室町時代に入ると、鎌倉府の内部が分裂し、 関東公方(かんとうくぼう)と関東管領(かんとうかんれい)上杉氏の対立が激化し、豊島氏など在地武士団にも大きな影響を与えます。
    文明8年(1476)に長尾景春が主君に山内上杉顕定(やまのうちうえすぎあきただ)に 謀反したため、景春に味方した豊島氏は平塚城(現在の平塚神社にあったと言われる)と石神井城で、 江戸城・川越城を本拠地とする太田道灌と対立することとなりました。
    そして文明10年(1478)、江古田・沼袋の戦いで道灌に敗れついに滅亡し、 今ではこの清光寺と豊島という地名が残っているばかりです。
    本尊は不動明王像で、行基に彫らせた豊島七仏の一つと伝えられています。 この他、頼朝の幕府創業に参加し「吾妻鏡」などにも名の見られる清光自身の木像(1742年作・北区指定有形文化財)も安置されています。
  • 当サイトに掲載するスポット情報については、充分注意・確認をした上で掲載することに努めておりますが、情報が古くなったり閲覧された時点で間違っている場合がございますことを予めご了承ください。

清光寺に行く観光コース

該当のコースはありません。

清光寺の近くにある史跡・神社・仏閣・教会

  • 王子稲荷神社

    王子稲荷神社

    関東稲荷総社の格式を持ち、江戸時代より庶民に親しまれてきました。
  • 王子神社

    王子神社

    王子神社は中世に熊野信仰の拠点となった神社です。

清光寺の近くにある公園・庭園

  • 緑の吊り橋・音無さくら緑地

    緑の吊り橋・音無さくら緑地

    石神井川の旧川を利用して作られたのが音無さくら緑地です。
  • 名主の滝公園

    名主の滝公園

    名主の滝は、王子村の名主畑野家が、その屋敷内に滝を開き、茶を栽培して、 一般に人々が利用できる避暑のための施設としたことにはじまるもので、 名称もそれに由来しています。
  • 音無親水公園

    音無親水公園

    春にはお花見、夏には水遊びが楽しめます。

旅くらぶ会員

ようこそ ゲスト様

予約確認・取消、ポイント情報等が確認できます

旅くらぶ会員の特典

  • 新規会員加入時に100ポイントプレゼント
  • 貯めたポイントでキャッシュバックが可能
  • お得な情報を優先的にお知らせ 等々

お客様サービスデー

12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

旅の相談窓口

目的地、お立ち寄り先、ご予算、ご希望・・・
まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお申し込み・ご相談は
0120-42-9988 (通話料無料)
受付 10:00~18:00(日祝日除く)

お客様の声・旅のアルバム

東京 旅くらぶモバイルサイト

外出先でも東京 旅くらぶをチェック
モバイルサイトQRコード

3キャリアに完全対応

東京 旅くらぶについて