• スポット基本情報
名主の滝公園

名主の滝公園

  • 名主の滝公園のご紹介
    時期はさだかでは ありませんが、嘉永3年(1850)の安藤広重による 「絵本江戸土産」に描かれた「女滝男滝」が名主の滝に あたると思われますので、それ以前のことと考えられます。
    明治の中頃、畑野家から貿易商である垣内徳三郎の 所有となり、氏は好んでいた塩原(栃木県)の景に模して 庭石を入れ、楓を植え、渓流をつくり、奥深い谷のある趣のある庭園として一般の利用に供しました。
    現在は区立公園となっています。
    園内には滝や、あずまやがあり、桜やもみじ、野鳥や夏の蛍の観察会など、四季折々の自然が楽しめます。
  • 屋敷内の滝
    屋敷内の滝
  • 当サイトに掲載するスポット情報については、充分注意・確認をした上で掲載することに努めておりますが、情報が古くなったり閲覧された時点で間違っている場合がございますことを予めご了承ください。

名主の滝公園に行く観光コース

該当のコースはありません。

名主の滝公園の近くにあるグルメ・カフェ

名主の滝公園の近くにある美術館・博物館

名主の滝公園の近くにある史跡・神社・仏閣・教会

  • 法真寺

    法真寺

    岩槻街道から法真寺に向かう入口には題目塔が建っていて、元禄十一年(1698)銘で「伝教大師一刀三礼にて御彫刻、本門薬師如来」とあります。
  • 七社神社

    七社神社

    七社神社は、江戸時代には西ヶ原村の鎮守で、無量寺境内の高台、現在の旧古河庭園内にありました。
  • 清光寺

    清光寺

    頼朝の幕府創業に参加し「吾妻鏡」などにも名の見られる清光自身の木像(1742年作・北区指定有形文化財)も安置されています。
  • 正受院

    正受院

    本堂左側には、江戸時代後期の探検家として知られ、多くの書物を残した近藤守(通称:重蔵)の甲冑像があります。
  • 城官寺

    城官寺

    明治以前は、神社の経営には特定の寺院があたり、こうした寺院を別当寺と呼びます。
  • 近藤勇と新撰組隊士の墓

    近藤勇と新撰組隊士の墓

    新選組隊士・永倉新八が発起人となり、旧幕府典医松本順の協力を得て明治 9年に建てられたものです。

名主の滝公園の近くにある公園・庭園

旅くらぶ会員

ようこそ ゲスト様

予約確認・取消、ポイント情報等が確認できます

旅くらぶ会員の特典

  • 新規会員加入時に100ポイントプレゼント
  • 貯めたポイントでキャッシュバックが可能
  • お得な情報を優先的にお知らせ 等々

お客様サービスデー

11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

旅の相談窓口

目的地、お立ち寄り先、ご予算、ご希望・・・
まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお申し込み・ご相談は
0120-42-9988 (通話料無料)
受付 10:00~18:00(日祝日除く)

お客様の声・旅のアルバム

東京 旅くらぶモバイルサイト

外出先でも東京 旅くらぶをチェック
モバイルサイトQRコード

3キャリアに完全対応

東京 旅くらぶについて